2010年06月15日

縦書きビューワの作者さんの開発秘話

アプリ開発秘話:005 縦書きビューワ【andronavi】
http://andronavi.com/2010/06/24984

この方は私の当面の目標でありながら、どんどん差を開かれていくアプリ開発者の方です。

縦書きビューワを最初見たとき印象的だったのが、アプリで本をダウンロードをする必要がないところです。パソコンからダウンロードしてSDカードに転送するだけで読むことができます。
HT-03Aが発売した当初の青空文庫ビューア系アプリはアプリ内で文庫本をダウンロードしなきゃいけないものが多かった気がします(多分)。でもこれだと自分で書いた小説を相手の人に読ませたり、スキャンして電子書籍化した文庫本を読むことができるのです。しかも縦書きで。フォントのサイズも大中小で変更可能ですし、フォントそのものを変えることもできます。

アプリ開発者として謎なのが、
フォントファイルを指定してフォントを変える方法だけは未だにわかりません!
なのにこのアプリではそれができます。jniでも使ってるんですかね?

最近では画像に対応したり、EPUB形式にも簡易対応しています。
タップしてもフリックしてもページをめくれます。ページを指定してページ移動ができます。

青空プロバイダというアプリとの連携にも対応しています。傍点という強調みたいな表現にも対応しています。

太字にも対応してほしいです。なぜなら太字の実装方法が思いつかないのでこの人ならどうするのか知りたいのです。

とにかく凄い人なのでこれから記事を読みたいと思います。
記事を読まなくてもこんなに書くことがあるこのアプリは凄いという話でした。

読んでみて
posted by ザッシュ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッテリーについてOSとしての欠陥は何もない。すべて悪いのはサードパーティー製。

ねぇ、Androidケータイのバッテリーはダメなの? グーグル創設者が謎の説明
http://www.gizmodo.jp/2010/06/android_buttery.html

言ってしまいましたね。
確かにバックグラウンドでいくつもアプリが走っていたら電池も持たないでしょう。しかしそれがAndroidがiPhoneに勝っていたマルチタスクのリスクであり、それを否定してしまったらマルチタスクは利点にはならないと言ってしまっているようなもの。

携帯電話は電池がなくなったら何も出来なくなってしまうので、電池が持つように開発者の方々は慎重にならなくてはいけませんね。
posted by ザッシュ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。