2010年01月09日

世界中でAndroid携帯端末が続々登場(1月上旬版)

まず最初に紹介したいのがSony Ericssonの「Robyn」です。

http://www.gsmarena.com/meet_sony_ericsson_robyn_the_cute_mini_version_of_xperia_x10-news-1359.php

XPERIA X10の半分くらいの大きさでAndroidOSを搭載しています。
まさにXPERIA X10のミニバージョンです。個人的にはXPERIA X10よりもこっちの方がほしいですね。これもコードネームが途中で無くなっちゃうんでしょうか?XPERIA X10もRachaelってコードネーム残せば良かったのに。


次にMotorolaの「Backflip」です。

http://japanese.engadget.com/2010/01/08/android-backflip/

こんな開き方をする携帯電話を自分は見たことないんですが、非常にユニークですね。ただこれが使いやすいのかは使ってみないとわかりません。アメリカは発表してから販売するのが早くて羨ましいです。


次にDELLの小型Androidタブレットです。

http://japanese.engadget.com/2010/01/07/android/

カメラが付いてるみたいですが、主な用途は何なんでしょうね?インターネットをするだけだったらタブレットとは言わないと思うので、何か他の端末とは違う使われ方が期待できます。Appleに対抗したのでしょうか?


最後はHPの「Smartbook」です。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1001/07/news086.html

ついにHPも出てきましたね。もう世界中でAndroid端末を開発していないメーカーはいないんじゃないかというくらいどこのメーカーも作ってますよね。SAMSUNGやAcer等も作ってるくらいなんで。
MIDやタブレットの端末も増えてきています。Androidがいかにコストパフォーマンスに優れているのかが証明されていますね。
posted by ザッシュ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。